土地の評価の決まり方

| 未分類 |

土地の相続税評価額は、最初に評価単位を決定してから、評価単位ごとに評価額を出します。
評価額の決め方には大きく分けて2種類の方式があります。一つは路線価方式で、国税局長によって毎年決定される路線価をもとに評価額を出す方式です。路線価は市街地地域における道路に面する宅地1平方メートルあたりの土地の評価額で、この評価額に土地の面積を乗じた後、土地の形状に応じて定められた補正率を乗じて最終的な相続税評価額とします。
もう一つは倍率方式で、土地の固定資産税評価額に国税局長が定めた評価倍率を乗じて相続税評価額とする方式です。亡くなった人が路線価が定められていない地域に土地を保有していた場合は、倍率方式をつかって相続税評価額が算出されます。
相続税評価額は、税理士や不動産鑑定士、土地家屋調査士などの専門家に依頼して正確に金額を出してもらうのが確実です。ただし、国税庁では路線価図と評価倍率表をインターネット上で公開するようにしており、算定方法さえわかれば自分で概算金額を計算することはできます。概算金額がわかれば、いずれ納付することになる相続税の税額の見当をつけることができるので、土地の相続税評価額の算出方法は覚えておくと良いでしょう。