相続調査方法

| 未分類 |

平成27年の1月から、相続税が改正されました。
従来、相続税を納めなければならないのは、相続のうちの5%といわれていましたが、ここまで限られた人だけが負担するのは税金として公平性に欠けるという視点から、控除額の見直しによって、幅広い人が新たに負担を求められる見込みです。
相続税の節税には、生前贈与によって相続財産を減らしておくことが有効ですが、相続財産の範囲には注意が必要です。
財産の帰属は、実質で判断するのが原則で、預金や株式、不動産など、名義があるものについては名義で実質の所有者を判断しますが、名義と実質が異なる場合はあくまでも実質が優先します。
たとえば、親が子の名前で預金をしている名義預金や、配当金や議決権の行使を親が行っている名義株式などは、実態は親の財産として相続財産に含まれます。
相続財産の調査は、亡くなった人=被相続人の預貯金の口座を、過去少なくとも3年以上調査し、生活費以外と思われる大きな支出があった場合には、その行先を確認する方法で行われます。
支出先が不明で、その日の前後で別の口座が開設されたり、入金している場合には、実質は被相続人が支配する預金や株式と判断するか、その時点で贈与があったとみなされる可能性があります。
100万単位の大金を、生活費以外で支出している場合、資金使途を明確にしておくと安心です。