亡くなった人の中には生前に生命保険に加入し、保険料を支払ってた人も数多くいます。生命保険については、保険料の支払いを被相続人(死亡者)が行っていた場合は、被相続人の死亡により保険金を受け取った人に相続税の納税義務が発生します。
生命保険に対してかかる相続税には非課税枠が設けられており、死亡保険金のうち500万円に法定相続人の人数を乗じて算出される金額が非課税限度額となっています。例えば、夫、妻、子供2人の世帯で生命保険の保険料を夫の収入から支払っていたとき、夫が亡くなった場合に支払われる死亡保険金にかかる相続税は、法定相続人の人数が3人であるため、1,500万円までは非課税ということになります。
また、各相続人における死亡保険金にかかる相続税の非課税枠は、前述の限度額に、全ての相続人が受け取る死亡保険金の合計金額に対する相続人が取得する死亡保険金の割合を乗じた金額であらわされます。ただし、法定相続人の中に相続放棄をした者がいる場合は、その者が受け取った死亡保険金は死亡保険金の合計金額から除いて計算します。相続放棄をした相続人は、相続人ではなくなるため、受け取った死亡保険金は全額が相続税の課税対象となります。