相続税は、相続が開始された日もしくは相続人が相続開始の事実を知った日から10ヶ月以内に申告を行い、現金で一括納付しなければなりません。しかし、相続人の中には納付期限までに相続税の税額分の現金を用意できないケースもあり、相続税法ではそのような場合のために現金一括納付以外の方法による納付方法が2種類規定されています。
1つ目の方法は延納で、簡単に述べると相続税額を分割して納付する方法です。これは、相続税額が10万円を越えている人のうち、担保となる財産を提供できる場合に、税務署へ申請を行えば利用することができます。申請が受理された場合、相続税は5~20年の期間で年賦で納付することができるようになります。
この方法で相続税の納付が困難な場合に利用できる方法が2つ目の方法である物納で、相続税を相続人自身の財産で納めます。ただし、保有している財産であれば何でも物納できるわけではなく、適格財産とみなされた財産でなければ納付することができないので注意が必要です。
税金は、一度に収めるのが困難だからという理由で納付が免れるものではありません。期限までに納付を済まさなければ、延滞させた期間に応じて、本来納付すべき税額に加えて延滞税も納付しなければならなくなるので、必ず納付期限を守って手続きを済ませましょう。